C-na Diary

しーなの もつれがちな日々
月別アーカイブ  [ 2011年10月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

そしてまた

ハイハイ。
恒例の「先週のおさらい」で~す。
日記なんだから
いいかげんにせねば、とは思っています~



まずは月曜日
定例のミュージックサロン。
なんとなく定着して来た感あり、で
歌のレッスンとお茶とコンサート、という組み合わせも
喜んで頂けてる様子。
時間が経つにつれ、お客様の表情がどんどん和らいでくるのが嬉しいな。

そうそう
出かける前にボーカルのエフェクターをチェックしていたら
いきなし白い煙を上げてご臨終になったのだ(苦笑)。
知人から新品を譲り受けて、まだ1回しか使っていないシロモノだったので、唖然としながらも、まぁ潔く諦め
コンサートはリバーブなし、全くのドライで演奏。
、、これもあり?てことで
勉強になりました(苦笑)。



火曜日は
三原、如水館舞台芸術コースの授業の後、「うつせみ商会」のリハ。
今回のコメディがまた
例によって不条理もいいとこ。
ニューヨークが題材で、音楽はけっこうスインギンだったり
例によってナニゲな即興も満載。
例によってヨシモトとミミの掛け合いがおかしくて笑いの連続、のリハ。
前回以上に、どんなになるか、とても楽しみ。



水曜日は
フライングキッズで「しーなとシュウの昭和歌謡ショウ」を
オリジナルはナシ、16曲オール歌謡曲で催行。
ただのカバーにゃせんぞ、という意地もあり(笑)
けっこう濃いラインナップとなったが
お客様と一緒に蘊蓄をたれながら呑気に盛り上がる感じの
演奏する側も、とっても楽しいライヴだった。

次回へのリクエストもたくさん頂いたことだし
また、やりましょう!

そういえば
こないだから
ライヴ時の髪型はもちろん、着物も自分で着ている。
時間に余裕のある時は専門家にお願いするのだけれど
しょっちゅうだし、いちいち億劫だし、で。
着付けなど習ったこともない正真正銘の我流なので、超テキトーだけど
どうせ動き回ってグダグダになるから、いっか、と。
着物自体、お下がりやユーズドだしね。

和装ライヴ、和服ライフ、けっこう楽しんじゃってるわけです。



金曜日は
定例の、オリエンタルホテル ジャズナイト「椎名と執事フライデー」
ジャズじゃないんだけどね(笑)。
友人も何人か聴きにきてくれて、嬉しかった。

しかし、このコンビ
つくづく
なんやかやと、よくやるなぁ、と思う。
本業はえせニック(笑)を名乗りつつ
今週だけでも
即興、歌謡曲、ジャズスタンダード、、、
「流浪の民」という名曲のタイトルを、今フト思い出したけど(笑)
「こうありたい」はあるけど
「こうあるべき」て概念がないからかな、、
ライヴはちょい空くが
このまま、ゆらゆらとまいろう。



土日から
如水館ウィークへ突入した。
11月13日の定期公演までの毎週末
講師として完全に裏方にまわり、若い力をサポートする。
そして、その若いエネルギーと感受性をしっかり享受したい、とも思うのだ。
それこそが講師業の特権、ていうか「おまけ」だと思っている。




なんだかんだで
日々
じわじわと
生きているワタシでございます。









スポンサーサイト
[ 2011/10/31 00:38 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。