C-na Diary

しーなの もつれがちな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雨ニモ負ケズ

先週末は3連チャンライヴだった。


金曜日は
パーカッションハウスPICOで
『ぱり祭』と題したライヴをしーシュで主催。
ゲストの、旅するボードビリアン「富安秀行」さんとは1月以来の共演。
アサラトの名手「MENDER」とも久しぶりに会うので楽しみ。

MENDERの友人を中心に
初めてのお客様も多かったけれど
それはそれは和気あいあいと、楽しい時間となった。

ワインとチーズをたっぷり用意した上に
差し入れのパンなどもあり
PICOのど真ん中にフード台をセッティング。
それらをみんなで囲んでの
「おうちライヴ」という雰囲気のなごやかなライヴだった。

富安さんとしーシュ3人での「歌声一座」はいつもサイコー。

552754_298914786873683_1807978410_n.jpg

富安さん
いつもながらにハートにグッとくる時間をリードしていただき
ありがとうございました。
どうぞ引き続きよい旅を。
来月はレコーディングにおじゃまします。




翌日は
大雨洪水警報の中
新幹線と鹿児島本線を乗り継ぎ、福岡は千早へ。

山陽本線は止まってるわダイヤは大乱れだわだったけれど
とりあえず来た列車にひょいと乗る、、を繰り返したら
予定の時間に着いた(笑)。

旧友「亀山みゆき」さんとのデュオをメインに据えた
「オンナふたりのハートフルコンサート」だ。

ライヴシーンへの久しぶりの彼女の復帰を
15年ぶりに再会したアウェイのワタシがお手伝いするなどとは
夢にも思わなかったけれど、、、
これがご縁というものなのだろう。

会場は赤坂の「ドリームボート」。
ウッディであったかく、音もいい。
オーナーのジュンペイさんもとってもフレンドリーで素敵な方。

ドリームボートとは馴染みだというカメラマンのCHOKKENさんが
広島からかけつけてくれて、アウェイ感が半減。
ありがたい。

このライヴ、なんとライヴが決まってすぐに、クチコミだけでソールドアウトしたそうで
たくさんの人が彼女をサポートし、応援し、楽しみにしていた。
会場は笑顔でいっぱいだった。
彼女の人柄だなぁ、としみじみ。

ワタシは、盛り上げ役に徹しようと思っていたけれど
彼女は逆に、福岡の人にワタシを紹介したい、と考えてくれていて
お互いのリスペクトの上にいいバランスが取れた、という感じだった。
ふたり並んでキーボードを弾き、歌いまくった。
サポートミュージシャンの
ギター内山覚さん、ベース白土浩光さん、パーカッション古賀洋美さん
みんな愛があって素晴らしかった。

みゆきちゃん
みんなすっごく喜んでくれていて、嬉しかったね。
聴きたい人もまだまだたくさんいるみたいだし
ぜひ、また第2弾をやりましょう!

309357_321410294617080_2022785419_n-1.jpg


彼女の自宅の、目の前に川が広がるサンルームでしっかり休ませていただく。
翌朝はゆっくり起きて、のんびりとコーヒーを、、
ライヴの翌朝の、こんなひとときがワタシの細胞をジワッと充たしてくれる、、、

ありがとう、みゆきちゃん。
これからも、ともに、いい日々を生きましょう。





翌日は北九州は八幡「デルソル」。
千早から鹿児島本線に乗って、小倉までのひとり旅。
こういうのも、いいな。

小倉駅には相棒のシュウが車で迎えに来てくれていた。
彼は前日もデルソルでライヴをしていて
つまり「バラ売り」し、旅先で「ユニット化」するという、大変いい感じ。

この日は、我らがScootersとしーシュの二枚看板、のライヴ。

北九州在住のてーさんこと村岡達也、下関の野田玉青、長門在住の萩原ナオエ、
そして我々しーシュ、という遠距離ユニットScootersなのだ。

まずはしーシュ抜きの3人で1ステ。
相変わらずの素晴らしいコンビネーションとグルーヴで
会場は徐々にヒートアップ。

続く我々のステージも
このところのライヴで、一番の盛り上がりだった。
シュウのアイデアとステージングが見事に当たって
お客様もノリノリ。

ラストの5人全員でのScootersに至っては、もはや「楽しいばっかり」(笑)
メンバーもお客様も最高に楽しい一夜だった。

新作CDも完売。
というか、足らなくなった。
もっとたくさん持って行けばよかったね~と悔しがる我々は
「欲がないね~」「マヌケやね~」と笑われ、、、

いいライヴだった。
ほんとうに素晴らしい時間だった。


こういう時間に出会えるためにも
日々、自分を磨き、元気でいなければなぁ、と
身を引き締めたりもするのであった。


オーナーの大庭さんご夫妻には、いつもとてもよくして頂き感謝。
てーさん、タマヲさん、ナオエちゃん、みんな最高だね!
ありがとう!

PAP_1177.jpg

また、来ます!デルソル!



帰りは下道を
のんびりトコトコと。

シュウ、お疲れさま(運転は全て彼が担当)。


とってもいい旅だった。




さあ、この週末は関東だ。

どんな時間がワタシを待っているのかな、、、









[ 2012/07/20 02:24 ] 音楽 | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。