FC2ブログ

C-na Diary

しーなの もつれがちな日々

「力」なり


昨日は
市内の小学校の「音楽祭」を聴きに
朝からアステールへ行った。
娘達の小学校の合唱部は79名の在籍で
まっすぐなエネルギーの溢れる、とてもよい演奏だった。
娘もピカピカのいい顔をして歌っており、嬉しい。
「あそぶ神々」という組曲からの選曲だったけれど
23日には、ワタシが同じ舞台で「神々」となって歌うからね~
と思ったのでした。



さて
本日は、まず野外ステージ。
素晴らしい快晴に恵まれて、気分は上々。

CA3G03460001.jpg

Far East Loungeで出演の予定であるが
リーダーの三代目春駒が到着するまで
とりあえずしーシュでやってよっか、ということになり、4~5曲。
途中、かなりエエとこで電源が落ち、音がプッツリ、というアクシデントもあったが
(どうやら子どもが電源を引っこぬいたらしい 苦笑)
のびやかな、よいステージ。
続くファーイーストも、なごやかに楽しく。
お客さまにも喜んで頂けた様子だった。
やっぱり、野外はいいなぁ~

このイベント、なんと今回が199回目にあたるという。
17年目だそうである。
継続は力なり、というが、スゴい力である。


一旦帰って、小一時間お昼寝をして
ご座敷投げせんライヴ、今年最終回のPICOへ。

到着すると、既にマダム系のお客さまが多数あり、外人も多く、いつもとはなんだか違った雰囲気。
シュウが先陣を切ってソロを始める。
その後、クリスマスの告知も兼ね、投げせんでは初のしーシュ。
調子にノリ、思いつきでもちろんリハなしの「楽器チェンジ」をやってみる。
シュウはピアノ、ワタシがベースで1曲。

IMG_1215.jpg

けっこうオモシロかったので、今後もやる予定(笑)。

その後、続々と、いい感じのユニットが出続ける。
みんなそれぞれに、そうとうにオモシロいヤツらだと思う。


カワちゃんとの昭和ユニット「天晴さん」で
ちょいお茶目系3曲。
「十九の春」「ゴツゴツでもほくほく(オリジナル)」と、「魅せられて」。

IMG_0499.jpg

今日は、カワちゃんとは野外から一緒だったわけだけど
レコーディングが終わったばかりだそうで、なかなか充実した風合いだった。
エネルギーって、自然に溢れ出るね。


本日の投げせんライヴは
終始「演りたい」人が一生懸命演り
「聴きたい」人が熱心に聴く、という、とてもよいライヴだったと思う。


PICOのツンちゃん
丸一日お世話になりました~




[ 2010/12/05 23:48 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する