FC2ブログ

C-na Diary

しーなの もつれがちな日々

どこかで

今週出会ったライヴのことなど。

まずは
神辺ハイダウェイのマスターTOKUさんと福山のデュオ ベティノート。
ベースとピアノのデュオということで、興味津々で行く。
ジャズテイストのポップスユニットで、息もピッタリ。
ご夫婦だそうで「なるほど」と思う。
ステージングなど魅せ方もよく考えられていた。
TOKUさんは、ベテランなのにお茶目で、確かなテクニックと美味しい!声。
まことに粋で旨渋い味わいとドライヴしまくるボーカル。
ハープの吹き語りなど、最高だった。
カバー曲を自分のものとしてすっかり消化&昇華するって、素晴らしいなぁ。

続いて
二胡の 姜 暁艶さん。
アステールの大ホールに立ち身が出るほどの大人気。
姜さん、さすがに艶やかで美しく、とても柔らかで心にしみる二胡の音色。
平山郁夫画伯を偲び、平和を願う、というサブタイトルだった。
エレクトーンの倉田香織ちゃんもサポートメンバーに入っていて
彼女の演奏が群を抜いていて、嬉しかった。

そして今夜の
ウクレレ弾き語り、ウシャコダの藤井康一さん。
こちらは、アットホームでラフなライヴで
共演したパーカッションのツンちゃんも実に楽しそうだった。
相変わらず、なにもかもあまりにスゴくて笑いっぱなしの2時間。
思わずご本人に「そーとー変態ですね」と言ってしまったほど(笑)。
変態好きなワタシは、来年の来広ツアーではぜひご一緒しましょう!と、もちかけたのでした。


今夜は各地でたくさんのライヴが行われていた。
TOKUさんの店ではMaggieやHOBOみゆきちゃんらカントリー系のミュージシャンがおしかけて、マンドリンの前田くん主催のルーツミュージックのイベント。
シュウは、若くておもろいヤツらとジモでおもろいことをしてたようす。
HAGE富安さんは浜松でご本人の誕生日ライヴ。
それぞれの現場とメールが行き交い、思わずニンマリする。

みんな
自分のスタンスで
どこかで
楽しいことを演っている。

ステキだなぁ。


さて
明日はレコーディングだ。
素晴らしいマエストロ(調律師)に完全調整していただいた愛器に
しっかりと、唄ってもらおうと思う。





[ 2011/01/29 23:58 ] 音楽 | TB(0) | CM(2)
藤井康一さんさすがですよね
僕も好きですよー
[ 2011/02/01 07:44 ] [ 編集 ]
お、紅葉クン。
ほんとにすごいよね、あの怒濤のパフォーマンス!

次回はしーシュとカップリングを考えてマス、、
味が違いすぎるかナ、、1?
[ 2011/02/01 08:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する