FC2ブログ

C-na Diary

しーなの もつれがちな日々

走る

ベランダで
ひらひらの「フリンジチューリップ」が咲いた咲いた。
かわい~
菊桃やムスカリも満開。

CA3G0782_convert_20110422175739.jpg


今週もいろいろと濃かった。

順を追ってみましょ。


まずは
三代目春駒のレコーディング中盤戦、ボーカル録り。
ピアノを録ったのはずいぶん前のことなので
「ん?このフレーズ、ホントにワタシが弾いたっけ?」と思ったりする。
ライヴに限りなく近いレコーディングてことかしら。
春駒の歌もずいぶんと進化していた。
先月以来いろいろな事があり、曲に新たな魂や力が宿ったのかもしれない。


エフエムの番組ゲストに「なにわのてつ」こと藤縄哲也氏を招く。
てっちゃんとはまだ知り合ってさほど日も経たないのに、ずいぶんと打ち解けて和やか。
ドブロギターの生演奏をしてもらったら、社内から見学者が来た(笑)。
素晴らしかった。
トークが漫才のようになり、ディレクターも大ウケ。
ちょっと突っ込み過ぎたかな(笑)。ま、てっちゃんだから、許してくれるだろう。


PICOで「野中つたえ企画」のジャズライヴ。
なにしろ思いっきり弾きまくりたかったので、ウチの重たーーいデジピP200をわっせわっせと持ち込む。
ツンちゃんは練習しても覚えていないであろう、というメンバー3人の共通認識により
直前のリハだけで、ほとんど全曲Far East式セッションスタイル。
いつもFar Eastでシュウがやってる任務を遂行した(笑)。
しかしまぁ、ツンちゃんの天然のセンスとパーカッションは期待どおりであり
ボーカルのつたえさんもミミも、とてもいい雰囲気で、リラックスして歌っているのが伝わってきて、嬉しかった。
バラフォンよーこちゃんに「椎名さん、めっちゃ楽しそうですねぇ」と何度も言われたけど
そう、楽しいよ!
最近、また一段とピアノを弾くことが楽しいの。


尺八の山本観山さんが、わざわざ訪ねていらして
秋くらいにコラボしたい、とのお申し出。
ジャンルのよくわからない感覚が大好きなので
気取らず気張らずユルッとやりましょう!ということにした。


スケジュール帳も、次第に埋まってきたなぁ。



今年はね
いろんなことが重なったし
特別な意味もあって
いつにも増して「走る」つもりでいるの。

前しか向けない不器用なワタシだから
とにかく顔上げて
とにかく走る。


転けないように気をつけるけど
転けても、いいの。



[ 2011/04/22 20:37 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する