FC2ブログ

C-na Diary

しーなの もつれがちな日々

自由自在

今日は
なんと
ひっっっさしぶりの「ザ・オフ日」なのだっ。
パンパーーン!
イエーイ!
「母」であったり「主婦」であったり「ただの人」であったり(笑)
自由自在、心の奥まで、思う存分にオフるぞー!


さて
この週末のことを書こう。

アコーディオンとオカリナの奏者「野口美紀」さんに会い
番組のインタビューもした。
先日、カッポレの寺西やよいちゃんが紹介してくれていて、お会いするのは2度目。
「12の扉」という彼女の絵本CDや、手づくりの可愛らしいオカリナや、旅先のことや、話題は尽きずホントに楽しかった。
なにか、こう、突き動かされるように音楽にのめり込んでいらして
その姿が、魅力的で美しいのだ。
「無理せず、前向きにしなやかに」という言葉がピッタリの、大人の女性であった。
こういう人に逢えると、すごく嬉しいワタシ。


そして
昨日は新ユニット「うつせみ商会」の旗揚げ
「冷たい指のアリス」公演日だった。

吉本武史と姫石ミミの二人芝居に、しーシュの音楽ががっつり絡む。
書き下ろしの脚本に、オリジナルの音楽や即興演奏、
キャストのふたりも、マイク片手に演技、
演技スペースはフロア全体に及び、
そもそもどこまでがライヴシーンで、どこまでがBGMかも曖昧、、
という、まぁ、大変難解な、というか奇抜で斬新なスタイルで、
しかも
今回のテーマが
「悪」について。

おかげさまで、お客さまはたくさんいらして下さったが
はたして、この「新感覚音楽劇」を、どう感じて頂けたろうか?
正直なところ、エンターテイメントを期待していらしたかたには「ごめんなさい」かもしれない。
昼は息子が、夜は娘が来てくれていて
ふたりとも「よくわからなかった…」と言っていたが(苦笑)
ライヴそのものは楽しんでくれたようだ。
ご来場の方々に、4人の「息づかい」を感じてもらえていたら、シアワセなのだけれど。

ミミの声かけでスタートしたこの企画
立ち上げたからには、シリーズとして、もう2回はやってみよう、と思っている。
所謂ライヴとはまた違ったところで
メンバー各自がそれぞれ昇華できる特殊で強いプロジェクトとなり得たい、と。

照明を、Tip! Hotelで共演した宮迫キエちゃんがやってくれて
空き時間や、打ち上げまで、ほぼ一日この6人で過ごした。
ワタシやシュウとはひとまわり以上離れた若い世代の4人
会話の中にいろいろと思い出されることも多く、この人たちの未来も思う。
才能というものの形成と行方、は、とても興味深いことである。



さて
今日はこれから
まずは
美味しい珈琲をゆっくりと飲んで
デスクの横に山積みになっているCDをゆっくりと聴こう。


夜はベランダでごはん食べよかな、、?
蚊に刺されながら
夏を感じる日曜日にしよっと。





[ 2011/07/03 10:53 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する