C-na Diary

しーなの もつれがちな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お江戸ツアー 3日目 隅田川

昨日はすっかり
「歌姫 椎名まさ子(自分で言うな)と執事フライデー梶山」として活動した。
シュウは、ご本人曰く「使用人体質」だそうで(笑)
執事としてのニッチに見事にハマってくれ、大変ラクであった。

さて
今日から、本来のカタチ「しーなとシュウ」へ。


大荷物で始まったこの旅
すでに腕がミキミキと筋肉痛。
今日から執事もいないし、少しでも身軽になりましょう、と
ホテルで着たドレスなどをまとめ、宅配便で自宅に送る。


麹町の宿から、下北沢へ移動。

本日のイベントの主催者である、ブルームーンの角辻順子ちゃんと再会を喜び
浴衣に着替え、彼女のお母様達と共に車で蔵前へ。
蔵前なんて、初めて。
男チームは別便で、電車の旅。

生まれて初めて「厩(うまや)橋」を渡る。
涼しい川風が吹き抜け
テンション上がるぅ~

CA3G1008.jpg


今日は
この橋のたもとから出る屋形船での、ライヴパーティーなのだ。
名目は順子ちゃんのバースデイライヴだが
ブルームーンのお客様とミュージシャン達が、音楽を囲んで夏の思い出をつくりましょ
という、毎年恒例のイイ企画なのだ。
昨年シュウがソロで出演し、今年はしーシュでお誘いいただいた。
ていうか春に来た時、既に昨日の仕事が決まっていたので
「屋形船、24日にしようよ~」と順子ちゃんをそそのかしたのはワタシ(笑)。

まぁ、しかし
上り下りの舟人が~~という墨田川ですが
なんと美しく情緒溢るる景色なのでしょう。


屋形船と言えば
実は地元、瀬戸内海にもあって
ワタシも大昔、羽振りの良かった時(一瞬だけあった)に、借り切って忘年会をしたことがある。
その時は九州からも客人が来て、ライヴもして楽しかったな~

ソレ以来、だ。


出航すると、まずは乾杯。
今年は震災の影響で、予約激減なのだそうで
船宿さんから、感謝と激励のシャンパンが出た。
「みんなで東北のお酒を呑んで元気出そう!」という順子ちゃんの気持ちが伝わった人だけが集ったようで
終始、あたたかい雰囲気ですすむ。

揚げたての天ぷらから始まる江戸前のお料理。
関東ならではのマグロも美味しく
舌鼓を打ちながら、夜景を楽しむ面々。


しーシュのライヴでは
鍵盤がないので、ピアニカを借り、シェーカー片手に唄った。

438300_1234443223_112large.jpg

昭和歌謡風の新曲「しゃばだバ」がハマり、ユルくてよかった。
お客様にも楽しんでもらえたようす。

順子ちゃんは、浴衣に一五一会の弾き語りで男達を従え、素晴らしくカッコいい。

CA3G1025.jpg

サポートギターのベテラン石坂さんや、ボーカルのjaitoくん、キーボードの滝ちなみさん、パーカッションの平石正樹氏らと演奏。

そこへ
我々も参戦、というか乱入。
全員でのセッションで幕を閉じた。

お客様と温度差がなく
本当にあったかい時間だった。

CA3G1019.jpg




帰港後は、また二手に分かれてブルームーンにもどり
東北のワインを飲みつつ、ファンの方とともに語り合った。



順子ちゃん、ありがとう。
お世話になりました。
来年もきっと来るからね~(笑)


う~ん。
ヤミツキになりそだなぁ、、屋形船、、




つづく、、








[ 2011/07/29 23:55 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。