FC2ブログ

C-na Diary

しーなの もつれがちな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

季節

しーシュで、山口の山陰から山陽をまわってきました。


今回は機材を積んでの車の旅。
台風が近づいているらしく、めっちゃ蒸し暑い~

ワタシの運転は危なっかしくて気が気でないとかで(そうかなぁ?)
運転は全面的にシュウが引き受けてくれた。
ワタシは、頼りないながらも地図で道を確認する係。


2号線から美祢を通り、長門へ抜ける。
雨は降ったり止んだりだけど
煙る田畑がとても美しい。

CA3G03630001.jpg

金色の稲穂の脇で、真っ赤な彼岸花があちこちに咲いている。
この風景がことのほか好きなワタシ。

長門は油谷にある「パタ屋」というシーサイドのライヴハウスへ無事到着。

CA3G0325.jpg

パノラマのように油谷湾が広がる絶景に建つ施設だ。

CA3G03270001.jpg


台風のためか、あいにくの雨模様

満員のお客様が集まってくださって、椅子が足りないくらい!

今日は
Scooters率いる北九州在住の村岡てーさんの企画で
下関と広島のメンバーが集結した。
ここ油谷に住むパーカッションのナオエちゃんを含む
3バンド(ほぼメンバーかぶってるけど)の対バンだ。

老舗の「曼荼羅堂」のベーシストが急遽参加できなくなり
シュウは3バンド出ずっぱり(笑)、よく働きました。
その上、広島からツンちゃんが遊びに来ていて、サプライズ参加。
楽しいなぁ。

最初から最後まで大盛り上がりの
素晴らしいライヴだった。
高齢の方もけっこういらっしゃったのにノリノリ!
子供もいっぱいいたけどノリノリ!
すごい土地柄だと思った。
しーなとシュウも大ウケで、CDも飛ぶように売れた!
嬉しい~
シュウがずいぶん前からおつきあいのあったとこだけど
次回もまたユニットできてくださいね、と言われてホッとしたのであった。

ナオエちゃんちに泊めていただいた。
海沿いの一軒家で、手作りコテージもある。
サーフショップを経営する素敵なご主人と子供二人。
草刈りや竹刈りに追われちょるよぅ~、て言ってたけど
豊かな暮らしだなぁ。
ま、いろいろ大変だろうけれど
とても羨ましい。

CA3G0347.jpg

また来るね。



翌日は
ワタシのふるさと宇部を目指す。

高校の同級生のお兄さんのお店であることが
7月の「東京かたばみ会」で判明した「Big Hip」。

CA3G0358.jpg

あれよあれよという間に実現した凱旋ライヴだ。

も~んのすごい久しぶりに会う友人たちや
母や弟家族など親戚もたくさん来てくれて
会場はほぼ満杯になった。
嬉しい嬉しい。

ライヴは
ファーストはワタシのソロから。
途中でシュウが入り、この日も遊びに来ていたツンちゃんも交えて。
実はワタシ、緊張していた訳でもないのに
なぜか得体の知れない「やりづらさ」を感じてしまっていて
なんとなく「んーー」て感じで固い。
楽屋でシュウに喝を入れられる(苦笑)。
てことで
セカンドはしーシュでガツンといった。
最後にはツンちゃんにも入ってもらって。
ヨシ!

アンコールはしーシュで1曲。
もう1曲、ソロで締めた。
、、うん、なんとか締まった。

みんな、楽しんでくれたかな?

花束もたくさん頂き
終演後も「同窓会」のような打ち上げを楽しんだ。
あぁ、懐かしい懐かしい。
みんな、ほんとうにありがとう!
時を超えて蘇る高校時代。
楽しいばっかり、だったねぇ。

シュウも20数年ぶりの友人が来ていたそうで、各々、旧友と過ごした。
こういうのって、いいな。


夜中、実家に帰ると
母が起きて待っていてくれた。
ライヴをすごく楽しめたらしくて
次回はお友達もたくさん連れて行きたい、と。
先日のバースディサプライズの話など、3時半まで話し込んだ。
久しぶりだったね。
ありがとね。




翌日は
広島で、しーシュはバラ売りの本番で
それぞれのライヴ会場に直行。
忙しいねぇ。

先日、福岡ニューコンボにタンゴを聴きに来てくれていた
シンガーソングライター「冨永祐輔」くんの広島初ライヴを
フライングキッズでやることになっており
ワタシも急遽ゲスト出演することになったのだ。
マネージメントはワタシの戦友ともいえるサーチ&キーの社長、塩田和代女史。
彼女とは20年以上の付き合いで
独身時代によく福岡での演奏を組んでもらっていた。
10年ほど前には、西有田というところでのミュージカル制作のコンペで勝たせて(?)いただき
脚本から音楽、指導、舞台までの一式を、全て我が社で受けたこともある。
これまた懐かしい。

てな歴史を経てのフライングキッズ。
せっかくだからちょっと変わったことを、と
イタズラを思いついた我々。
入りきらないほどのお客様の中を
バン!と扉を開けて
「ゆーすけっ!アンタこげなとこでなにしよっと!?」
と乱入。
「姉さん!!」と祐輔クン。
アドリブ小劇場を繰り広げた。
お客様は凍りつき、その後大ウケ。
うふふ。
2曲ほどピアノで伴奏させてもらった。


この日は近所のジモカフェで
関東から知人ベーシスト「瀬戸尚幸」さんの「詩人 三角みづ紀 ユニット」が来ていて
シュウがボーカルのMIとのユニットでホストをしていたのだが
フライングキッズが満杯で入れないのもあり
雨の中、行ったり来たり。
こちらもディープで大変おもしろいライヴだった。


両者、終演後は
近くの鉄板焼きで集い、軽く打ち上げ。

t02200165_0640048011495110938-1.jpg

3日間の、よいクロージングだった。





空気が
秋めいてきたぞ。


季節が変わる、のですね。






[ 2011/09/21 09:09 ] | TB(0) | CM(2)
 夕べは楽しいPICOライブ、有難う御座いました
久しぶりにお会いできましたね
先週丁度日本海の角島から、油谷湾温泉、仙崎
青海島、萩、津和野と一人旅を楽しんできた所
でした、しまったスケジュール合わせて
聞きに行けばよかった。

いい塩梅にビデオが取れていれば、その内
お送りします。ありがとうございました。
[ 2011/09/24 13:56 ] [ 編集 ]
いや~
おひさっしぶりでした!
ありがとうございます。

来月はおじゃましますね!

VTR楽しみです*
[ 2011/09/24 20:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。