C-na Diary

しーなの もつれがちな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

愛おしい時間

Live JUKE
石間秀機「景音楽2011」+しーなとシュウ
終了。


10493225_1361145261_157large.jpg


演奏が素晴らしかったとか
イベントとして成功した、とか
コラボしーシュもうまくいった、とか
noriちゃんが妖艶だった、とか
ジャムがおもしろかった、とか
もちろん嬉しくてありがたい、ことはたくさんあったけれど
ワタシにとって
音楽と人生の大先輩と、同じ立場で共に過ごせた
シアワセな時間だった。

御歳67歳でいらっしゃる超現役楽士からいただいた「そこがだいじ」なことが
ワタシの宝箱に、また、たくさんしまい込まれたような。



備忘録として、
石間さんの「なにげない会話の中の輝く言葉たち」を集めておくことにしよう、、

ふと表れるその言葉は、いちいち忠実に再現したい彼独特の表現だったのだが
一晩寝たらワタシの幼稚な頭で変換されちゃったかも、、


CA3G04420001.jpg


頑張るけど、頑張り過ぎないのがいいよ。
ユルいのはいいけど、ユル過ぎるのはカッコ悪い。
快適な暮らしはいいけど、快適過ぎるとマズい。
なんでも「過ぎる」のはよくないね。


俺たちってのは
ハンパな人間が、ハンパでないことを目指して
真剣に挑んでるわけだろ?
それって、人間として最高にセクシィだと思わない?


ほんのささいなことでも
「あ、なんかいいナ」って
オチていた自分がフッと楽になるような出来事があるじゃないか。
できればそれを発信する側にいたいと思うんだよねぇ。


そういうことを思う人たちが、呼び合って出会い
またその先に出会いがあって、自分の周りに巡ってくる、、
ほんとに不思議だよなぁ。


ライヴは、そういうことが重なり合う、二度とない時間。
だから、すっごく「愛おしい」よね。


俺はその「愛おしい」時間を、身体の動く限り創り続けてそこに居たいんだ。




果てしなくて
呆然としてしまうような「道」の先に
その笑顔があることは
ワタシの大きな大きな支えです、石間さん。


ありがとうございました。




主催のカオリちゃん、VJ成沢さん、
noriちゃん、そしてシュウ、
みんな、おつかれさまでした。

来年も、きっとまた
この「愛おしい」時間を共有できますように。






[ 2011/10/11 14:04 ] 感謝 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。