C-na Diary

しーなの もつれがちな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お彼岸に

お彼岸ですね。

昨日、二度目の東北ツアーより帰宅しました。
震災後ようやく復旧した魚市場で行われたイベントと、
仮設のカフェでのライヴ、
そして人口が流出した被災地での慰問コンサート。
宿泊は、トレーラーハウスの宿舎や仮設住宅にお邪魔して。

様々な人と出会い、話をし、行動を共にし
多くの事を感じ、考え、願い、祈った。


ミュージシャンは音楽を奏でるのが使命であって、何かについてベラベラ語るもんじゃない、
ましてや思想の押し売り、糾弾などは以ての外、と強く信じ、日々暮らしてます。
でもまぁ、人並みの感慨や多少の信心はあるし、お彼岸でもあるし、
それなりにいろいろ思うことはあるのであります。


万事に無数の局面があって、人それぞれに感情や判断基準がある以上、答えの出ないことが沢山ある。
むしろ世の中には答えの出ないことばかり。
それを「おかしい」と感じるし、腹も立つ。
では、自分は「どうするか」となると、すぐには動けなかったりする。
動けない自分にガッカリする。
「こうしたい」という事が思いつかないこともある。

「こうしたい」という感情は「好き」に似ている。
何かが好きだ、何かをしている自分が好きだ、何かをしたいと頑張っている自分が好きだ、何かの為に頑張れる自分が好きだ、、、
「正しい」からしたいのではなく、沸き起こってくる感情、衝動だ。

人との繋がりも、そう。
誰かに会いたい、誰かと一緒に過ごしたい、誰かの笑顔が見たい、誰かの声を聴きたい、誰かに手紙を書きたい、誰かにご飯を作ってあげたい、誰かの音楽に触れたい、、、
理由は、ない。
「好き」という感情に理由なんていらない。

誰かが嫌い、誰かの顔を見たくない、誰かとは口をききたくない、誰かの言うことに従いたくない、誰かの言葉が突き刺さる、誰かを恨んでしまう、、、
それに対しては、しごく正当な理由があるはず。
「嫌い」という感情には山のような理由がくっついているものだ。

人間は弱いイキモノだけれど、
自分の心の声を聞き、それを実現する力は、パワーに差はあれど誰もが持っている。
「好き」はそれを助けるエネルギーをくれるし、「嫌い」はそれを邪魔する。


ワタシが好きなこと、ワタシがこれからしたいこと、
出会いたい事、出会いたい人、見たい風景。
それを考えると、限りないエネルギーが脳ミソと体中に満ちてくる気がする。

どこからやってくるのだろう?この力は。

もしかして、彼方(アチラ)から、、
なのかな?

などと。


お彼岸ですもんね。



写真は、宮城県の女川漁港から見た復興工事と、のほほんと浮かぶカモメちゃん達。


IMG_7554.jpg



[ 2015/09/23 12:40 ] 祈り | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。