FC2ブログ

C-na Diary

しーなの もつれがちな日々

いよいよ


寝る前に、娘と並んで歯磨きをしていたら
「紅葉狩りのハナシだけどさぁ」
と始めた。
「もみじがり?」
「うん。アレって、お姫様は鬼じゃんかぁ」
「え?」
「お殿様が騙すのにね、、」
「は?」
ハナシが全くわからない。

よくきけば
神楽のことだそうで。

「ごめん。ママ、そのハナシよく知らないの」
「そっか」

先週の土曜日
近所の神社であった神楽。
ワタシは行けなかったが、娘は最前列で観てきたという。
そうかそうか。
この人、ちいさな頃からけっこうな神楽好きで
八岐大蛇を食い入るように観てたものだ。
はい、勉強しときまーす。



さて
広島の秋
いよいよ本番。

もうすぐ「亥の子」だね。






[ 2010/10/21 00:05 ] 日常 | TB(0) | CM(6)
No title
もみぢ狩りはね、
奥山に住む鬼女の大王が数々の悪さをするのを、某かが成敗に行くのですが、その時鬼女達は美女に化けてその正義の味方を誘惑するのです。ご一緒に紅葉狩りはいかが?とね。
体よく騙されたかの人は色香と酒に酔い、危機一髪!の所を神様に助けられ、あげくに神刀まで授かって、まぁ最後は敵を倒す、と。

さういふお噺。

女性の甘いささやきにはお気をつけなされ、といふ教訓のお噺でござる。DVD持っとるよ。貸そうか?
[ 2010/10/22 09:03 ] [ 編集 ]
No title
あ、そういうおハナシなのね。で、紅葉狩り、と。
でも結局は神様に助けられるのか。
まぁ、神楽だもんね。

勉強になりました。

てことで
まぁ、女性の甘いささやきには気をつけなさいませ(笑)。
[ 2010/10/23 01:08 ] [ 編集 ]
No title
フツーの会話で紅葉狩りが出て来るのが凄い(笑)。
神楽を知ったのがここ数年ってあたくしは足元にも及びまへん。

同じ頃私は琴庄神楽団を観て、1人でうひゃうひゃ言うてましたよ。
[ 2010/10/23 02:18 ] [ 編集 ]
No title
ご夫婦で喰いつき頂き、ありがとうございます。期待しておりました(笑)。

あ、長束神社は琴庄だったのね。男前さんが多いとこでしたっけ?うひゃうひゃ。
[ 2010/10/23 09:28 ] [ 編集 ]
神楽
こんにちは。ここへは初の書き込みです。

椎名さん元気ですか?

実は僕、ものごころつく前から神楽が大好きだったらしく、神楽を追いかけるように母の実家がある島根に行っては、食い入るように見てたそうです。その後も僕の神楽好きは思春期まで続きました。

西アフリカの伝統的な音楽を演奏していた頃も、ステージを見た母から、『神楽と一緒よ。あんた相変わらずじゃねぇ』と言われてました。

関西に住む今は見る機会もなくなったけど、幼いころ一番心ひかれたエンターテイメントの一つが神楽だったというのは、豊かな環境で育ったのだなぁと思います。

紅葉
[ 2010/10/23 09:57 ] [ 編集 ]
No title
お。「紅葉」くん。
満を持してのご登場(笑)。

神楽は音楽、舞踊、芝居の複合エンタテイメント。民衆の芸能であり、おもしろいです。
自分の地元の伝統芸能に、本人はあまり意識もせずに親しんでいたって、実はすごい財産だよね。血に刷り込まれたっていうことだものね。
島根はまた宝庫だし。

しかし、お母さんのコメントがすごい!
深いっ!
[ 2010/10/23 10:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する