FC2ブログ

C-na Diary

しーなの もつれがちな日々

緊急のおしらせ!

サーバーの事情により、HPが移転しています!

お手数をおかけいたしますが

コチラ 

をブックマークやお気に入りへ登録し直してください!

ごめんなさーい!!!








----------------------------

ラクダ

----------------------------

サソリの続編といいますか、、

昨日の日記に頂いたコメントを読んでて
ちょうど傍にいた娘に

「鳥取は日本で一番人口が少ないんだって」
と言うと
「知ってる知ってる、ほとんどが砂丘じゃもんね」
と、知ったげ。
鳥取の人、怒るよ~

「あは、サソリに怯えながら砂丘を歩いてください、だって」
と、つい口にしたら
「えぇっ、やっぱりおるんじゃんか!」
「ちがうちがう、ジョークだよ」
「びっくりしたぁ」

イメージ先行タイプに、うかつにモノは言えない。

「安心してラクダには乗れるから、ね」
「ところで、砂丘にはラクダがウジャウジャおるん?」
「え、いや、そこまでは」
「自然におるん?」
「いや、飼われてると思うよ」
「じゃ、誰かに借りて乗るんじゃね?」
「…うん、そういうことになるね」


連れて行くしかないな
鳥取砂丘。



[ 2010/10/28 00:00 ] 日常 | TB(0) | CM(8)
> ほとんどが砂丘
すごいウケました(笑)
私も同じ事言ってたから☆
実は私もまだ鳥取砂丘に行ったことがありません。
我が家も一度行かなきゃな、砂丘~。
[ 2010/10/28 00:25 ] [ 編集 ]
No title
とっとり
その語源は韓国語だっちゅ~話を聞いた事があります。海岸とかそんな意味やったかなぁ?間違ってたらごめんなさい。実は山口県長門市油谷の大浜海岸もかつては大字向津具字タリタリと呼ばれてたらしく、こいつもそうなのかなと思う私です。つまり同じ言葉が、それぞれの地域で微妙に異なる変換を経て今日に到ったのではと、勝手に考える私です。

それよりしーなさん元気?
[ 2010/10/28 12:26 ] [ 編集 ]
今が一番
 砂丘を知るには今が一番 なんたって大陸からの猛吹雪、砂も

しかも人少ないし、

行くなら砂の芸術品の有るころにゆったりと行ってみたらいかが

ラッキョウもできるころラクダの遊覧にも お姉ちゃんがラクダを

曳いてくれますよ、おっちゃんだったりして(笑)
[ 2010/10/28 15:28 ] [ 編集 ]
No title
MAYUMIさん

子供の頃行きました、鳥取砂丘。
ラクダにも乗りました。
ラクダが好きなのは、少なからずその時のゆったりした思い出があるからなのかもしれません。
「月の砂漠」というとやっぱり思い浮かべるのはあの時のイメージかなぁ、、

みんなで行きましょ、砂丘(笑)。
[ 2010/10/28 21:05 ] [ 編集 ]
No title
てーさん

コメントありがとー。
元気ですよぅ。

可能性は大きいですよね、鳥取も山口も、それぞれ大陸との歴史がありますものね。

タリタリ、、かわいい地名ですね。
「タリタリに住んでます」
「タリタリで逢いましょう」
「タリタリで待ってるわ」
、、うふふ。
[ 2010/10/28 21:09 ] [ 編集 ]
No title
yoshijiiさん

猛吹雪、、コンタクトレンズのワタシにはゴーグルが必要ですねぇ。
しかし
あの模様が全部「風」の仕業だとは、すごいです。

砂丘を走って行って、海が見えた時、子どもゴコロにも感動しました。
あの思いを味あわせてやりたいです。
[ 2010/10/28 21:14 ] [ 編集 ]
No title
鳥取砂丘に居る駱駝はフタコブの毛が長いタイプのやつで、結構所在なげに佇んでゐるのが、アレです。
「何故私はこんな所にゐるのだらう?」みたいなかんぢです。

ちなみに、たしか「らくだ屋」といふ名前の土産屋さんが駱駝の遊覧をやってゐる、と思ふのですが。
[ 2010/10/28 23:38 ] [ 編集 ]
No title
シュウどの

さすが、ラクダに詳しいね(笑)。

娘は、砂漠にウジャウジャと野生のラクダの群れがいるのを想像していたみたい。

彼らも、砂さえあればシアワセってわけでもなかろうに。
砂すらない動物園では「なにしに来たんだろう?」て思ってるだろね。
見据えて絵になる「虚無の地平」がなくては、、(笑)
[ 2010/10/28 23:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する