C-na Diary

しーなの もつれがちな日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1月から3月初頭にかけて
ライヴ遠征であちこちへ出かけた。
浜松、名古屋、三重、大阪、岡山、萩、長門、東大阪、奈良、、、

旅先で、たくさんの人と出逢い、再会し、語り合い、握手をし、抱き合い、
乾杯し、食事を囲み、、
その土地土地特有の匂いやおもしろさ、やさしさに、たくさん出会った。

エニシが織りなす、素晴らしい時間。
その煌めくひとときの為に、音楽を続けているのだなぁ、と思う。

そして、旅が、そのひとときに出会わせてくれる。


旅が好きな人間というのは
そもそも、人が好きなのかもしれないとは、まぁ思うけれど
ワタシは元来、友人が多い方ではないし、お祭りやパーティーが嫌いだし、
団体行動も長電話も、たいへん苦手。
単に、他人と一緒に過ごすことが好きな訳ではない。
コミュニケーションそのものは楽しいことだけれど
そこへたまーに介入してくる、デリカシーの無い土足のハートを持った人にはノックアウトされちゃうから、気をつけなければ、だ。
だからこそ、出逢える人やシチュエーションを選びたいわけであり、、、


人は、距離感を持って生きている。
そのことと、共有できるコトというのが、ビミョーに違っていて、ビミョーに絡み合っている。
おもしろいなぁ、と思う。

遠く離れていても通じ合うモノ
すぐ隣にいてもわからないコト
初めて会っても重ねられる感覚
毎日顔を合わせていてもズレていく会話
、、、とか、まぁ、いろいろある。
いいとか悪いとかは別にして、そういうものなのだろう。


ミュージシャンてのは「音」で会話をするわけだから
その音に曇りがあると、当然いいコミュニケーションははかれない。
なので
真の意味で「透き通った音」が奏でれるよう
できるだけ
いらないものを捨て
必要なものを手に入れ
大切なものを失わないように生きていかなければ、ね。

その努力を怠らずにいるのがワタシのつとめ
そして
チャンスがあればまた旅に出て、何かに出逢いたい、と願う。



そんなこんなを
しみじみ思う、この季節。




さて、
春だ。

花粉もブンブン飛んでいて、、


世の中は、出逢いと別れに満ちた
卒業や入学のシーズン。


生きてく中で
多くの出逢いや別れへの覚悟を持たなければならないということを
人は、この繰り返しで、少しだけ、学ぶのだろう。



url.jpeg








[ 2013/03/06 10:53 ] 音楽 | TB(0) | CM(2)

ぐっばいサマー

さては更新する気がないのね、この人、と
思われてるでしょう?

そんなことはないのですが
いやぁ、なにしろ暑くて、、
え?もう9月?
あらぁ、光陰矢の如しとはこのことね、、あは、あはは、、




夏休みの最後にまとめて書く「絵日記」のようですが
8月をふりかえってみることにしまする。



ちなみに
夏休み中の娘は
ワタシと正反対の几帳面な性格を最大限に生かし
宿題も7月中に済ませたとかで
日々「女子力アップ」に努めていた。

IMG_4856.jpg

入院中のおばあちゃんの浴衣にアイロンかけをしている図。
えらいっ。


プチ帰省もした。

431514_344448968971329_1873846231_n.jpg

オンナ二人の、ちいさな、楽しい旅だった。



そうして

ワタシは
いつもの夏。
「動く」夏。
ワタシの夏、を過ごした。



月末、しーシュの夏後半ツアーに出かけ
各地の音楽仲間と珠玉の時間を過ごすことができた。

ライヴ6本とレコーディング、連日長時間の移動という
かなりな強行軍ではあったけれど
バテることなく、転けもせず(苦笑)、怪我もなく、元気に帰って来れた。
みんなのおかげで。


各地でお世話になった方々や
お客様、サポーターのみなさまに、深く深く感謝を。




写真でその風景をすこしふりかえってみると、、、


初日は広島のフライングキッズで
名古屋から東京へ移り住んだ「てらしましんご」を迎えて
夏恒例の「短パントリオ」のライヴ。

311793_162939067176101_1043930064_n.jpg

「短パンツアー」らしく、と、思い切って短パンでやったのだが
そう思っていたのはワタシだけで、ステージ衣装には別にこだわってはいない、とライヴ中に聞かされ、、、
とはいえ、あたたかい雰囲気の中、大きく成長を遂げたしんごの音楽を、目を細めて聴いた。

翌朝早朝より出発し、愛知県新城市を目指す。

IMG_4967_2.jpg

到着したのは、モザイクタイルのアトリエだったところで
ここで富安秀行さんのNEWアルバムのレコーディングが行われているのだ。
毎日、日本各地からすごい数のミュージシャンが集まっているようだ。
この日も、あちこちから参加された方々にお会いしたが
「お久しぶり」みたいな人が半分以上なのが不思議であり、嬉しい。

ワタシはコーラスで、シュウはベースもコーラスも録った。
「歌声一座」ついにレコーディング!という感じ。

562669_351540558261718_1085274663_n-1.jpg

みなさんフレンドリーであたたかく、素晴らしい時間だった。

2281137_1758410747_57large.jpg

みんなで晩ご飯。
大人の合宿である。

このアトリエは渓谷を見下ろすところにあり
お風呂なんて、こんなふう、、

IMG_5058.jpg

翌日の朝風呂は最高だった。

コーヒーの味も格別。

IMG_5018.jpg

お昼までレコーディングは続き
そこから我々は名古屋へ。


名古屋のホーム「りとるびれっじ」で
新婚のてらしましんごと嫁の「ひでこ」とのデュオ「しんごとひでこ」そして
アルバムにも参加してもらったケーナの「山田さとし」との熱いライヴ!
両者ともすばらしかった。

IMG_5123.jpg


ライヴ後はいつもの友人宅でお泊まりし、猫5匹と再会。
このコはさくらちゃん~

IMG_5142.jpg

美味しい朝ご飯もいただいた。

IMG_5139.jpg


翌日は、ツアーワゴンで「Wet Back」のメンバーやサポーターの方々と
浜名湖のフェスティバルへ参加。

IMG_5160.jpg

大人の遠足だ。

IMG_5235.jpg

浜名湖畔の「WATTS」では、富安さん主催のイベント「うなみかん音もダチフェスタ」が行われていた。
フレキサブルでオープンな、つわものミュージシャンが全国各地からぞーろぞろと集まってくる。

IMG_5178.jpg

2日間にわたり、昼から夜中までず~っとずっ~とライヴ三昧。
あちらでもこちらでもいろんな音が鳴っている。
2度目の参加だったので、ずいぶん馴染んだ我々は
しーシュはもちろん、バラでも輪を広げることができた。
富安さんからアコーディオンを借りたワタシはセッションもできてゴキゲン。

255232_364354693641810_1046746287_n.jpg

富安さん、レコーディングからフェスまですっかりお世話になりました!

隣接する宿泊施設には30人近くのミュージシャンが泊まった。
大人の修学旅行である。
朝まで呑んだり語ったり笑ったりしてた人もいたけれど(苦笑)
我々はお酒も控え、早起きして、三重は松阪へ。

IMG_5252_20120902213835.jpg


松阪「MAXA」は9日間の夏祭りの最終日。

IMG_5309.jpg

毎度のことながら、妙に寛げる場所。
オーナーの中山剛さんのお人がらそのものだ。

IMG_5282.jpg

日が暮れて、ライヴタイム。

IMG_5280.jpg

出音はいつもながら最高!

IMG_5298.jpg

しーシュと「Wet Back」の両方に出演し、お客様はもちろん、お店のスタッフやサポーターの方々と
ゆったりとした夏の宵を味わった。
大人のお祭りだ。

終演後、名古屋&地元組とは涙のお別れ(笑)。
りとるびれっじの幸至朗さん、ひろみちゃん、バンドのメンバー、サポーターのみなさま、本当にありがとう!


翌日は、奈良を通り、つまり山越えをして、滋賀へ。
しんごとひでこ、山田さとしの3人と再び落ち合う。

「カフェもりくま」という、ちょいファンシーな会場だったけれど
さとしさんの企画が超グッドで
お客さまのクオリティもかなり高く、ライヴは最高。
おもしろかったなぁ~

IMG_5383.jpg

その日は昨年同様、みんなで田舎のバンガローに泊まった。
大人のキャンプである。


さて、翌朝。
東京まで帰るてらしま夫妻を見送り
急遽山田さとし氏を千秋楽のライヴに巻き込むことにした我々は
さとし号で京都へ。

いわゆる鯖街道を走る。

394348_348589208557305_589850869_n.jpg


老舗「磔磔」は造り酒屋を改造した素晴らしいライヴハウスだった。

225025_357245744353451_744585305_n.jpg

「オイワカモリ」「しーシュ」「くつピカ」3組それぞれのオリジナルな世界が織りなす佳いライヴとなった。
主催してくださったオイワさんには、あれこれと本当によくしていただき、感謝多謝。



こうして
2012年の盛夏のツアーは無事終了。


ライヴ写真は
オフィシャルサイトの LIVE REPORT にちょこりっとあります。
http://c-nadays.net/pg52.html






そして、9月に入ったわけです。

ふー。

昨夜は
タップダンサーの「PORI」くん(ブレーメンの音楽隊のハナちゃんの実の兄である)と
岡山のボーカリスト「コジマサナエ」さんと、ピアノの「妹尾美穂」さんとのライヴだった。

ツアー直後は、音楽のエネルギィに充ちているというか、感覚が研ぎすまされているというか
しーシュのライヴもここんとこのベスト
3人とのコラボもおもしろく、いいライヴだった。
特にPORIくんのタップは秀逸で
音に対する守備範囲の広さもセンスも、そこいらのミュージシャンの遥か上をいくものであり、素晴らしい。
またご一緒したいな。



そんなこんなの
8月は夢花火、、、
でありました。





熱くせつないワタシの夏よ
ぐっばい。


IMG_5022.jpg


来年も、きっと来てね。






[ 2012/09/03 00:17 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

さあ、夏。

今年の、この暑さ
異常ではなかろうか?
毎日命がけで暮らしてる感じだよ…


今週は、火曜日に12月の舞台用の撮影があったのだけど
なんとまぁ、炎天下の野外ロケであった。

425125_244407089013622_1992757976_n.jpg

海や鳥が大好きなワタシに合わせて『水鳥の浜』を選んでくれたようで
末武太監督と、総合プロデューサーのミミと
みんなでフラフラに(笑)。

その後引き続き、Tip!でソロライヴをしたものの
半分夢の中にいたような…(苦笑)

399387_244413752346289_745951366_n.jpg

でも、とってもなごやかなトーク&ライヴでした。
12月の舞台が楽しみ~!

ミミ、末武氏、お疲れさまでした!





さて
年中ズボラなブログをさかのぼってみると、、

7月末の関東ツアーから先週の星空ロマンティックライヴまで
暑さにかこつけ、すっかりレポートを怠っていたので
ここにまとめてアップしてみよっかな。(きっと長いよ)

たまには、あえてライヴフォトはナシでいってみよ~じゃないか。



7月22日、関東ツアー0日目。

一緒に連れて行って欲しそうなモナカに後ろ髪を引かれつつ

IMG_4532.jpg

しーシュの相方シュウと待ち合わせ、夜行バスに乗る。

IMG_4536.jpg

福山SAで味付け卵を食べる。
その後飲んだ導眠剤のおかげか、10時間も気絶し
気がつくと朝の西新宿だった。
慌ててバスから降りたら、まだ薬が抜けきっていなかったのか、ただのドジか
道の真ん中で思いきり転んだ。
かくして、膝を擦りむいて青痣ができ、、という悲劇的なスタートに。

IMG_4548.jpg

けっこう痛かったけど、自分のせいなのでヘラヘラするしかなかった。
トホホ。


そうして1日目、下北沢ブルームーン。
春に共演した「じぶこん」との、たいへん楽しみにしていたライヴ。
大好きな音楽は、聴くのも楽しい。

IMG_1793_20120805231543.jpg

何曲かセッションしたけれど、いつもながらフリー度合いがたまんないこのメンツ。
しゃ~わせ~。

高校の同級生が何人も来てくれていて
プチ同窓会気分も味わえた。

582125_337432753006284_1553625378_n.jpg

去年のニューオータニでの同窓会を機に
旧友との交流が一気に増え、確実に関東での楽しみがアップした。
友人との再会は何にも変え難く嬉しいものです。
みんな、ありがとう。



翌日は、いよいよ、お楽しみの屋形船ライヴ。
ブルームーンの角辻順子ちゃんのバースデイ企画として定着しているこのイベントに
2年続きで出演させてもらっている。

すっかり馴染んでるワタシ。

IMG_4620.jpg

こんな素晴らしい日本の風情の中で演奏する時間が持て
さらに、友人達とそのヨロコビを共有できる、、
なかなかナイことじゃないかなぁ。
シアワセを感じつつ、しーシュも、こころして「音戸の舟歌」などを絶唱。

舟宿さんからのサプライズのバースディケーキに見事な入刀を果たす順子ちゃんの勇姿。

IMG_4648.jpg

順子ちゃん、ありがとう。



最終日、横浜STOVES。

昨夜の打ち上げで「もんじゃ焼き」の話になったのだが
どうにもガマンできず、なぜか横浜で食べることにした。
もんじゃって、初めてかも~~

IMG_4664.jpg

こんな時、相方が料理が得意でよかったとしみじみ思うワタシ。
美味しかった~

この日は
大好きな旅のバンド「りぶさん」との、念願叶っての共演だ。
りぶさんは秋田から帰り着いたばかり。

IMG_4678_20120806185801.jpg

りぶさんのホームでもあるこのお店が、またホントによい雰囲気でした。
ここを含むサムズアップ系列のオーナーのサフさんに直々にオペレートしていただいたり
美味しいゴハンをしこたま頂いたり。

IMG_4681.jpg

ここへもしーシュのファンや、同級生や友人達がけっこう集まってくれて
ライヴは盛り上がり
とってもいい時間を過ごせた。
ありがたい。



翌日は、お土産をゲットしにチラと中華街に立ち寄り

SBSH1167.jpg

しーシュにしては珍しく、新幹線でひとっ飛びで帰った。


CDもたくさん売れ
とても涼しく、演奏もうまくいき、充実のプチツアーでありました。
みなさま、本当にありがとうございました。

シュウ、お疲れさま~
もう、二度と転けません。



帰ってすぐにまた
しーシュで
大阪の、犬のおじさん「徳田建」さんと
東京在住の元ソウルフラワーユニオン「河村博司」さんをお招きする。

『星空ロマンティック』と名付けたこのライヴ、おふたりの独特の甘いオーラ全開で
とてもゆるやか、あったかでした。

IMG_4835_2.jpg

ロマンティックでいい夜だった。




さて!
あっつ~い夏もいよいよ本番!!

夏野菜をガシガシ食べて
バテずに頑張るよ~~~!!!

てことで
今夜のメニューは「夏野菜のラタテュイユ」

IMG_4883.jpg


おいし~い!
















[ 2012/08/05 23:20 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

雨ニモ負ケズ

先週末は3連チャンライヴだった。


金曜日は
パーカッションハウスPICOで
『ぱり祭』と題したライヴをしーシュで主催。
ゲストの、旅するボードビリアン「富安秀行」さんとは1月以来の共演。
アサラトの名手「MENDER」とも久しぶりに会うので楽しみ。

MENDERの友人を中心に
初めてのお客様も多かったけれど
それはそれは和気あいあいと、楽しい時間となった。

ワインとチーズをたっぷり用意した上に
差し入れのパンなどもあり
PICOのど真ん中にフード台をセッティング。
それらをみんなで囲んでの
「おうちライヴ」という雰囲気のなごやかなライヴだった。

富安さんとしーシュ3人での「歌声一座」はいつもサイコー。

552754_298914786873683_1807978410_n.jpg

富安さん
いつもながらにハートにグッとくる時間をリードしていただき
ありがとうございました。
どうぞ引き続きよい旅を。
来月はレコーディングにおじゃまします。




翌日は
大雨洪水警報の中
新幹線と鹿児島本線を乗り継ぎ、福岡は千早へ。

山陽本線は止まってるわダイヤは大乱れだわだったけれど
とりあえず来た列車にひょいと乗る、、を繰り返したら
予定の時間に着いた(笑)。

旧友「亀山みゆき」さんとのデュオをメインに据えた
「オンナふたりのハートフルコンサート」だ。

ライヴシーンへの久しぶりの彼女の復帰を
15年ぶりに再会したアウェイのワタシがお手伝いするなどとは
夢にも思わなかったけれど、、、
これがご縁というものなのだろう。

会場は赤坂の「ドリームボート」。
ウッディであったかく、音もいい。
オーナーのジュンペイさんもとってもフレンドリーで素敵な方。

ドリームボートとは馴染みだというカメラマンのCHOKKENさんが
広島からかけつけてくれて、アウェイ感が半減。
ありがたい。

このライヴ、なんとライヴが決まってすぐに、クチコミだけでソールドアウトしたそうで
たくさんの人が彼女をサポートし、応援し、楽しみにしていた。
会場は笑顔でいっぱいだった。
彼女の人柄だなぁ、としみじみ。

ワタシは、盛り上げ役に徹しようと思っていたけれど
彼女は逆に、福岡の人にワタシを紹介したい、と考えてくれていて
お互いのリスペクトの上にいいバランスが取れた、という感じだった。
ふたり並んでキーボードを弾き、歌いまくった。
サポートミュージシャンの
ギター内山覚さん、ベース白土浩光さん、パーカッション古賀洋美さん
みんな愛があって素晴らしかった。

みゆきちゃん
みんなすっごく喜んでくれていて、嬉しかったね。
聴きたい人もまだまだたくさんいるみたいだし
ぜひ、また第2弾をやりましょう!

309357_321410294617080_2022785419_n-1.jpg


彼女の自宅の、目の前に川が広がるサンルームでしっかり休ませていただく。
翌朝はゆっくり起きて、のんびりとコーヒーを、、
ライヴの翌朝の、こんなひとときがワタシの細胞をジワッと充たしてくれる、、、

ありがとう、みゆきちゃん。
これからも、ともに、いい日々を生きましょう。





翌日は北九州は八幡「デルソル」。
千早から鹿児島本線に乗って、小倉までのひとり旅。
こういうのも、いいな。

小倉駅には相棒のシュウが車で迎えに来てくれていた。
彼は前日もデルソルでライヴをしていて
つまり「バラ売り」し、旅先で「ユニット化」するという、大変いい感じ。

この日は、我らがScootersとしーシュの二枚看板、のライヴ。

北九州在住のてーさんこと村岡達也、下関の野田玉青、長門在住の萩原ナオエ、
そして我々しーシュ、という遠距離ユニットScootersなのだ。

まずはしーシュ抜きの3人で1ステ。
相変わらずの素晴らしいコンビネーションとグルーヴで
会場は徐々にヒートアップ。

続く我々のステージも
このところのライヴで、一番の盛り上がりだった。
シュウのアイデアとステージングが見事に当たって
お客様もノリノリ。

ラストの5人全員でのScootersに至っては、もはや「楽しいばっかり」(笑)
メンバーもお客様も最高に楽しい一夜だった。

新作CDも完売。
というか、足らなくなった。
もっとたくさん持って行けばよかったね~と悔しがる我々は
「欲がないね~」「マヌケやね~」と笑われ、、、

いいライヴだった。
ほんとうに素晴らしい時間だった。


こういう時間に出会えるためにも
日々、自分を磨き、元気でいなければなぁ、と
身を引き締めたりもするのであった。


オーナーの大庭さんご夫妻には、いつもとてもよくして頂き感謝。
てーさん、タマヲさん、ナオエちゃん、みんな最高だね!
ありがとう!

PAP_1177.jpg

また、来ます!デルソル!



帰りは下道を
のんびりトコトコと。

シュウ、お疲れさま(運転は全て彼が担当)。


とってもいい旅だった。




さあ、この週末は関東だ。

どんな時間がワタシを待っているのかな、、、









[ 2012/07/20 02:24 ] 音楽 | TB(0) | CM(2)

時にはライヴの話をしようよ

6月はアッという間に過ぎ去ってしまったなー

あ、
6月「も」か。
ま、
いつも、アッという間さえなく、時は過ぎてくんだよねぇ。

そうだね♪


久々にライヴのことを書こう。


ミュージシャンだから、あたりまえだけれど
常にかなりな数の演奏モノがあるので
その全てをブログに記載するというのは
筆無精のワタシには無理というものであり、ずいぶん前に諦めました。

でも、6月は思い出深いライヴもあったので
ふたつほど書いちゃおかな。



まずは
京都発さわやかメジャーデュオ「ジュスカ・グランペール」と
広島発まったりインディーズデュオ「しーなとシュウ」の
『ダブルレコ発ライヴ』

ライヴジュークは、おかげさまでほぼいっぱいのお客様で
たいへん和やかだった。

ビシッと白いスーツで決めつつも「どこか和風」なジュスカと
和服ではんなりしてそうなのに「なぜかえせニック」なしーシュ
ある意味、絶妙な取り合わせだったかも(笑)。

o0480036012043676098.jpg

ジュスカをバックに
「恋の花」という彼らのオリジナル曲を一人で歌わせてもらったの、ウレシかったな。
、、誰か写真撮ってくれてないかなぁ?

打ち上げがまたえらく愉快だった。
意外な繋がりが発覚したり
共通の音楽の捉え方というのだろうか、そういうのがベースにあって
話がとても噛み合い、弾んだ。
こういうの、しみじみ嬉しいなぁ、と思うんだよねぇ。

そうだね♪

高井博章さん、ひろせまことさん
ぜひ、また来てね。
次回はいろいろとディープに絡みましょうね。

写真

旅芝居一座風のフィナーレ!




そして
最近の
県北は安芸高田市吉田町での「ヤングイン レコ発ライヴ」のようす。


Far East Loungeで初めて訪れてから4年
4度目のヤングインである。

考えてみれば
いつからしーシュの定例になったんだっけ?と思うが
町の方々が大変友好的で
なんといっても我々の音楽に深い理解と愛情を示してくださる場所なのだ。

今年はお客様もグッと増えていたし
毎回足を運んでくださる方の顔もわかってきた。
CDもたくさん売れ、さらに喜ばしい。


一部では浴衣を着て、オリジナルをバンバンと

DSC_3246_convert_20120704001322.jpg

大口あけて唄い(笑)


2部は超!カジュアルに着替えて

544410_231949716926349_411736384_n.jpg

カバー曲もたくさん


ワンマンなので
いろいろと趣向をこらしたつもりだが
なんといっても自分らがリラックスして楽しめたライヴだった。

かなり好評だったそうで、ホッとひと安心。

打ち上げは
町の方々と親しく話しをさせて頂き
もつ鍋をつつきながら
トマトマというヤバそうなカクテル?をゴクリゴクリ、、、
実に楽しい夜だったねぇ。

そうだね♪

スタッフやサポーターのみなさま
本当にありがとうございました。

広島市内から1時間の、週末プチ遠征。
ぜひまた、ちょいちょい来れますように。











[ 2012/07/04 01:07 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。